--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-27

六魂祭

IMG_3736web.jpg
後ろのおばさんたち(といっても同年代か)の乾杯を聞きながら

ねぶたの囃子を聞いて

これが夜だったら、このおばさんたちは違う意味でもっと興奮するだろうな

そんな思いを持ちながら

義母や義姉に席を渡し、2万余の魂に黙祷


IMG_3739web.jpg


どんなことであれ

やれることをやるって姿でいこう。


けど、爺様

後ろは池だよ。

スポンサーサイト
2012-05-21

通過点

おばが亡くなった。

生前、たいそう世話になった。
宮古の市場では「マツカサカレイ」なるものを頂き
かの海の豊穣さを胃袋を通して知った。

数年がたち
病に幾度か倒れた彼女だが
そのたびに復活して
元気な声を聞かせてくれた。

先月、再度入院したと聞き
震災の瓦礫を見ながらお見舞いに行った。

あの海が黒々と盛り上がり
多くの人生を飲み込んでいったことが信じられないほど
まぶしく輝いていた5月であった。

彼女は穏やかな顔で
頬はピンク色に染まり
口紅も塗ってもらっていた。

その安らかな表情の向こうで
彼女の子供らは目を赤くして

どれだけ病と闘ってきたか
どれだけ悔しい思いをしてきたか

それを聞く毎に
なぜこんなに安らかな顔なんだと覗き込んだ私だった。



時がすべてを解決すると言っていたのも彼女だった。


不思議と涙が出てこないのは

たぶん、心のどっかに
彼女がしっかりと生きているからなんだろう。


病はひとつの通過点であり
死は現象に過ぎない。


そういう言葉で
締めくくっておきます。



2012-05-18

なんでウドが好きなんだろうか?

仕事場の近くのスーパーにウドが売っていた。
新芽3本で100円であった。

迷わず購入して
葉っぱのひとつを指ですりつぶし
香りを楽しんだ。

なんでこんなにもウドが好きなんだろうか?

そう思いながら
昨日もちょこっとテンプラ。

本日もちょこっとテンプラ。

そんな姿を見ていた犬どもが
熱い視線を送る。

葉っぱのひとかけらをやったら
食うこと、食うこと(笑)

まじめな顔で「もっとくれ」であった。

犬は飼い主に似る・・・というが

そうなんだろうなあ。


山のかあさんの店のウドが恋しい本日である。




2012-05-15

迷子

「気がつけば中年」を更新しようとしたのだが
どこに投稿欄があるのかわからず
ただただ、自分の「メガネがなければ人生も見えない」につき合わされ
仕舞いには、コメントだけで更新しようとしていた。

もっと頭が柔軟な時は
あれやこれやするのであろうが
ここまでくると、自分の経験値が基準となり
頑固で、一人よがりなおっさんに変身し(変身する前も似たようなものだが)
高速道路で逆行するような行為を平然とやるのである。

もちろん、本人は気分良く高速を走っているのであるが・・・

オーディオが好きで
昔々のソレが今では血となり肉となっている。

あのころは・・・の時代の人なのだが
そのころに見た物品の数々が、現在のわずかであるが経験値である。
IMG_1882web.jpg

この8A-70という今はなきコーラルのスピーカーを復活させること
これが現在の「生きる喜び」であるな。

ジンガリというSPメーカーがあるが
それに負けないくらいの化粧をさせて
持ち主のもとに返そうと思っているのだ。

そのためにはいくつかの試作品で腕を磨くことになる。

ネットでの迷子も

人生での迷子も

少しばかり灯りが見えているだけで

こんなに楽しいのである。




2012-05-06

メガネがないと 人生も見えない

老眼になり
手元のものが見えない

何を食っているのか
それより
箸をどこに置いているのか

そんなことより
平均的に生きると仮定して
残りの30年が見えない(笑)

できるならば
あと20年ほどしっかりと生き
あっさりとさらば地球よ、と
してみたいのだが
そんな予定通りにもなるわけもなく

そんな予定外のあれこれを

老眼鏡をかけながら

残していくことをここに少しだけ誓い

第一回目といたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。