2012-06-23

1100円のビール

先日、仕事場で飲み会があり
帰り際にとなりのJAZZ喫茶に立ち寄った。

マッキンのアンプとデンオンのプレーヤー、そしてJBLである。
まあ、定番といえば定番なのだが。

店主はギターがお好みのようで
もやっとした音が流れる。

嫌いな音ではない。
ギターなんて、如何様にも音は作れるのである。
これが本物なんて言えないのだ。

コーヒー500円ということで
ビールを頼む。
メニューにはないが、お通しはポテチのようだったので断り
純粋にビール(500CC)を楽しむ。
店主は「お通しがないので安くなりますね」

ビル・エバンスの「イスラエル」をかけてくれないかと頼む。

「いつもはリクエストには応じないのですよ」

そう言って、レコードを回し
彼は電卓を取り出して何やら計算をし始める。

客は誰もいない。

音は・・・悪くないはずである。
JAZZ喫茶と銘打っているのだから。

しかし、クソ面白くなくなったので
一曲聞いて帰ることにした。

なんとビール一本が1100円!?

近くのキャバクラ並みではないか。

綺麗なお姉さんどころか、禿げたおっさんしかいないではないか!!

安くなりますね・・って、本当ならいくらだったのであろうか。

高校生の時に一度入ったこの店だが

もう二度と、いや三度と行かないからな!

などとつぶやき

やはり、我が家で聞くエバンスが最高だと

後悔しながら帰ったのであった。
スポンサーサイト
2012-06-15

間引けないのだ

親から土地をもらい
いくばくかの種を蒔き
それなりに農耕の楽しさを味わっているのだが

本葉3つほどを間引けばいいのだが・・・それができない。

芽を出して
ここまで大きくなった苗を
間引くことができないので

プランターなどにこまめに植え替えをするのであるが

育つ勢いは既になく
ここあたりで私の苦悩が始まる。

遺伝的には25%が劣勢。

それが納得できねぇんだよなあ・・・と思いながら

オロオロするおらである。

2012-06-14

半分の大きさで

あるものの入れ物を、とりあえず練習ということで作ってみた。
カバの薄板を貼り付けて
シナの板を積層したりして
そこいらに転がっていたアメリカ松の切れっ端を磨いて
何より難しかったのは・・・はて、なんだっけ?

頭の中にこんなイメージが有り
段取りも頭の中で出来上がり
一気に作ってしまえるのに

昨日喰った飯がなんだったか

さて、これから何をやるんだったか(笑)

若い頃に覚えたものは忘れないということだな。

さて、本番作成に向けて
オタクは走り出すのであった。


・・って、この画像を見るだけでは

何が何だか、であるな。

IMG_3782.jpg

ある方から預かったスピーカーを入れる箱でござい。

もとい、その半分こモデル。


明日は図面を書いて・・ムフフである。

2012-06-04

一ドルは何円だ?

こんなところに目をつけて、くどくど書く傾向があるので
オタクとか、くどいとか言われるんだろうが無視してと・・・

先日の三沢アメリカンディに行った。

骨格から、肉のつき方から違いのわかる方々にまみれて
鶏ではない、七面鳥のもも肉を食いたいという坊主の希望を叶えるため
本場のバーベキューセットひと揃いを眺め
さらに5ドル(500円)という価格に安いと驚く。

さすがアメリカだなあ・・・と思いながら
ふと、1ドルは現在80円ぐらいじゃないのか?
ってことは400円の表示だろうが!!

なんて悪態をつく(日本語でね)

しかし、それを英語で言えないから
悔し紛れに津軽弁で
「なんぼ○○○・・・」とこそっと言い

「ターキー~」と声をからして叫ぶお姉さんのチップであると納得して
それにしても大雑把な味付けに「アメリカ」を再認識する。

フェンスの向こうはアメリカ・・・なんだよなあ。

IMG_3760.jpg