--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-01

メガネを外し外しながら

青森県立美術館に行ってきた。
AIR ART展なるもので、小池繁夫氏の生のイラストを見たかったのである。

IMG_6549.jpg

かねてから、彼の描く作品のすごさに惹かれてはいたが
実際にこの目で詳細を見て、手も足も出ないことを再確認した。

どうやったら、こんなのを描けるのか。
イメージできないのである。

イメージできるのは、なんとか実現できるということをこの年になって解ったが
できないものは、どうやってもできない。

お手上げである。

メガネを外し、じっくりと見て
またメガネを・・・笑

ほかの方の作品も見たが、別格であるな。

さて、メガネをかけて
彼に少しでも近づけるように精進しようと思う。

IMG_6179web850.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そーゆーのも 大事だよね、、

こいつには 負けたー
あるいは その手があったかー、、、

男は そんな 事が 
たくさん ある、、
いや あった、、 あったはずだ、、、
でも 昔は 絶対あったんだ

今 人は皆 口を閉じているけど

芸術文化の世界は 違う

”これが オレの世界なんだ!”と、、

それが なきゃ

世の中 みんな 同じなんて

”クソ”だよね、、、

そーゆーの うまく言えないけど

すごく大事なことだと 思う

そんだんだよなあ。

けれども

エベレストより高い山があるってことに気がついて

さらに年齢制限があれば

2時間は凹むんだなあ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。