--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-11-16

12+11+1.5

IMG_9750.jpg
IMG_9752.jpg
IMG_9756.jpg

12㎜のラワン合板と5.5㎜のシナ合板2枚重ねに1.5㎜の革を貼る。
カーブがものすごく面倒なのだが、それがまた幸せでもあり(笑)

バスレフダクトの部分も革で囲むため、その処理方法を思案中である。

これが上手くいったら
ムフフ・・・であるが(爆)
2016-11-13

これがこうなり、あれがこうなる・・・の図

IMG_9435.jpg
IMG_0554.jpg
IMG_0550.jpg

このカーブを出すには、まずは正確な研磨が必要になるのだが、老眼にはちときついのだ。

さらに、フレームが厚いこのユニットにはザグリ加工も必要になってくる。
ということは、トリマーでギャンギャンやらねばならないのだな。

さて、そんなこんなをしながらできた桜のスピーカーである。

次回  

ソナス・ファベールにちょこっと挑戦(笑)
2016-11-06

革・・ソナス・ファベールに学ぶ

わがライバル ソナス・ファベールであるが、最近はシナ資本に魅了されたようで
何か山水を連想してしまうのであるが、まあ高級志向なので大丈夫なのだと思いたい。

さて、革についてなのだが
厚みや牛さん、豚さん、羊さん 他多数あるなかで廉価かつ安定して入手できるのは牛さんなのである。

フロントバッフルを革で処理するのだが、メリットはユニットの音がかなり素に近い状態で出ること。
そして、高価な突き板の木目を合わすことがないので、技術的なハードルが一つ低くなることである。

この、ユニットの音が素に出てしまうことであるが
これはシビアであるな。
逆に言うと、どれほど反響やら何やらが同時に聞こえていたのかということであり
メーカーが角を丸くしたり、凸凹つけたりという仕様が改めて理解している次第。

只今、牛さんの革を使ったものを思案中である。
ユニットは決まっているが、ザグリの処理をどうすべきか・・・悩んでいるのである。
厚さ1ミリの革であるので、その分削り取れば良いのだが
それで良いのか?

そんなことを考えながら過ごす11月6日(笑)IMG_7713web.jpg
553233_494601427268121_1196117568_n.jpg
2016-10-29

ウレタン塗装も良いのだが・・・

IMG_5596.jpg
IMG_8052.jpg

ウォールナット オイル処理前と後の画像。
散孔材であり、ご覧の通り導管などの穴が見られるが
これにオイルなどで仕上げてやるとかように変身する(下の画像はまだ2回めのものですべすべにはなっていない)

もう少し知りたい方はここまで。
http://www.soliwood.com/blog/2015/01/post-1108.html

学ぶこと多しである。

ウレタン塗装も良いのだが、喘息持ちの私としてはオイル処理のほうが安心、安全なのである。

次回予告

革(笑)

2016-10-25

接着について

IMG_9742.jpg
IMG_9741.jpg

連日の投稿である(笑)

さて、何よりも大変なのが接着である。
コニシ水性木工ボンドも廉価で使いでがあるのだが、研磨のときに摩擦熱で溶け出すのである。
(それを逆手に取って、突き板を貼るとき使用している方もいる。アイロンで一発なのだが、クリア塗装向けである)

そういうことで使っているのがタイトボンドである。
家具を作っている方々が多数使っているものである。
これを耐水性とそうでないもの2種類を使い分け。

突き板を貼り、その後側板に接着するのであるが、これが一番むずかしい。
真っ直ぐな木材などないので、それぞれに合わせて研磨し接着するのである。

一晩放置で翌日にハタ金を外す。

次回予告
 オイル仕上げ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。